BIベンダーなどがEMC Greenplum HDをサポートでBig Data分析を更に強化

 

 

オープンソースのBIスイートを提供しているPentahoJaspersoft、オープンソースのETLツールのTalend、大手BIベンダーのSASMicroStrategy、Big Data分析に特化したDatameerKarmasphereなどの企は、既にhadoopのサポートはしていましたが、EMCとのエコシステムを構築し、まずはEMC Greenplum HDのサポートを行うことにより、Big Dataへの対応を更に強化していくそうです。これらの企業の中で、PentahoとJaspersoftはサポートするという発表を既に行いました。

EMC Greenplum HDは5月9日にラスベガスで行われたEMC WORLD 2011で発表された製品で、2011年第3四半期から提供が開始されます。

EMC unveils Hadoop appliance, BI software(英語)

EMC、Apache HadoopベースのBIソフトとアプライアンスを発表(日本語)

PentahoやJaspersoft、TalendなどのオープンソースのETLツールは、プログラムレスで簡単にデータ分析に使用するデータの作成処理を構築できるというメリットの一方、ほとんどのETLツールはバッチ処理に比べるとデータ処理速度が遅く、Big Data時代に対応できているとは言えませんでした。

hadoopをETLツールに簡単に組み込むことができるようになれば、ETLツールで構築する処理とは別にhadoopを組み込んだバッチ処理をスケジューリングしなければいけないという手間が省け、一元化した保守・運用も可能になります。

参考記事:
■EMC Greenplumについて
Dashboard INSIGHT
EMC Delivers Hadoop ‘Big Data’ Analytics to the Enterprise

■JaspersoftとPentahoのEMC Greenplumへの対応について
PR Newswire
Jaspersoft Adds Big Data Support for EMC Greenplum HD
Dashboard INSIGHT
Pentaho Makes Hadoop Faster, More Affordable and Easier to Use with EMC

                           

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *