Google Prediction APIが一般公開され、Google Storage for Developersに対応すると発表

Google I/O 2011が5月10日~11日(現地時間)に行われており、初日のKeynoteでもMusic BetaやHoneyComb、android端末への映画配信など、今年も内容が盛りだくさんです。

その中で昨年のGoogle I/Oで発表されたGoogle Prediction APIが、同じく昨年発表されたGoogle Storage for Developersでも使えるようになり、一般向けに公開されることが発表されました。同時に今まで招待制だったGoogle Storage for Developersも一般公開されています。

Google Prediction APIは、Googleの機械学習アルゴリズムを使うことによって、ヒストリカル(履歴)データから将来予測ができるようになります。Google Prediction APIを使うとどのようなことができるようになるかという例は以下です。

  • レコメンド機能
  • スパム検知
  • 顧客の感情分析
  • ECサイトなどのアップセル分析やチャーン分析
  • ドキュメント・メールの自動分類
  • 言語の自動認識

更にこのPrediction APIを応用すると、以下のことも将来的にできるようになるそうです。
[engagdet 日本版]
自動車の走行を効率化するGoogle Prediction API、フォードと連携

Google StorageでのPrediction APIの使い方は以下の流れになります。

  1. 機械学習に必要なトレーニングデータを用意する
  2. トレーニングデータをGoogle Storageにアップロードする
  3. Prediction APIのメソッドをトレーニングデータに対して呼び出し、モデル構築が行われる
  4. Predictionクエリを送ると、最適な予測結果が返ってくる
  5. もし、トレーニングデータを追加してモデル再構築したい場合、再度全てのデータをアップロードする必要はなく、既存のトレーニングデータに追加して再構築することができる(ストリーミングアップデート機能)

上記の5番は今回公開されたVer. 1.2の更新版からで、もう一つの追加機能として、既に構築されているモデルをメソッドで呼び出すだけで使えるようになりました。このモデルはPrediction Galleryで公開されており、一般のモデル投稿もできるようになっているので、将来的に様々なモデルを自分で構築しなくてもよくなるでしょう。

参照記事:
The official Google Code blog
Google Prediction API helps all apps to adapt and learn
Forbes
Google’s Free Predictive Software

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *