予測分析が保険業界で使われる10の方法

 

アクチュアリーとは、人間の生物学的レベルでのリスクを予測するために数学を使用する専門家です。日本では保険数理士とも呼ばれ、このアクチュアリーという職業は将来のリスクや不確実性を分析することが事業継続に必要な生命保険業界から生まれたそうです。

そんな分析が進んでいる保険業界であっても、マーケティングにはデータ分析がうまくできていないと指摘しているのが、Contemporary Analysis (CAN)のアウトバウンド販売担当役員であるEric Burns氏です。Contemporary Analysis (CAN)という会社は、マーケティング、販売、および運用ドメインでの人間の行動を予測するために数学(統計学)を利用する専門の会社です。

以下に保険業界が検討すべき課題を挙げていますが、これは保険業界に限ったことでなく、見方を変えればあらゆる業界にも当てはまるものだと思います。

CANは、刻々と変化するビジネス環境のための創造的ソリューションを開発するため、予測分析・人間の行動・データサイエンスを使用しています。ビジネスニーズは常に変化しているため、CANが開発したシステムは継続的発展に合わせて設計されています。
保険業界は、常に新製品やキャンペーンへの投資を行っています。適切な人に、適切なタイミングで適切な提供ができているか確認しなければいけません。適切なデータ、数学、理論を使うことによって、その決定は正しいものであるのかを確認する必要があります。
CANが保険業界のクライアントのために開発した次のリストを検討してみてください。もし保険業界でなくても、もしあなたのドメインであった場合を想像してみてください。

予測分析が保険業界で使われる10の方法

  1. コールド・リード(Cold Lead=購入意欲の低い見込み客)がどの商品を購入しそうか測定する
  2. ポートフォリオ、製品、需要や経済の見通しの変化を予測する
  3. 担当エリアに住んでいる保険契約者の動向を確認する
  4. 不正請求の検知と防止をする
  5. 団体保険のシフトを先導している経済的要因を特定する
  6. OneToOneマーケティング:適切な人に、適切な商品を、適切な時間に
  7. マーケティングキャンペーンの効果測定と予測をする
  8. 保険請求の傾向を分析し、保険と運用作業を最適化する
  9. プロバイダーネットワーク(契約している医師やカウンセラー)の相互作用を管理する
  10. 保険の購入を今必要としている個人を特定する

 

参考記事:
SmartData Collective
Top 10 Ways to Apply Predictive Analytics in the Insurance Industry — and Your Industry?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *