見た目が美しいモバイルBIツールの「Roambi」&ビジネスドキュメントに革新を起こす「Roambi Flow」


米MeLLmoのモバイルBIツールであるRoambiが、FORTUNE on CNNMoneyでTop5 Business Appとして取り上げられ、ReadWriteWebの読者からの投票によりNumbersを抑えbest visualization tool for the iPadになり、そしてWebvisionary AwardsのApp Chop categoryで優勝したりと、最近Roambiが評価される記事を多く見るようになりました。

RoambiはiPadとiPhoneに対応したモバイルBIツールで、RoambiのサイトからログインするとRoambi publisherというWebアプリでデータのインポートや、どのようにデータを可視化するかを設定することができます。

詳しい使い方については、たまには人柱も悪くないさんが紹介していますので、そちらを紹介します。

迫力に飲まれる Roambi
無料で使えるBIツール Roambi (1)
無料で使えるBIツール Roambi (2)
無料で使えるBIツール Roambi (3)
無料で使えるBIツール Roambi (4)

ライセンスには以下3種類あります。詳しくは比較表を参照ください。

  • Roambi lite
    無料で利用可能で、HTMLテーブル・CSV・Excel・Salesforce CRMのデータをインポートでき、セキュリティはありませんがメールで共有が出来ます。

  • Roambi pro
    ユーザー1人につき年額$99で、データソースとしてはGoogle Spreadsheetsが追加され、複数人での共有管理できるツールが提供されます。

  • Roambi ES3
    エンタープライズ版で、SAP BusinessObjects・IBM Cognos・Microsoft Analysis Services・Oracle Hyperion/EssbaseなどのメジャーなBIツールと統合・データ連係できます。

社内に散在しているデータの一元化という点では、メジャーなBIツールに比べると機能がかなり劣りますが、動的な定型帳票と考えると優秀なレポーティングツールだと思います。

一つ驚いたことは、RDB型のデータ構造でなくてもグラフ化が可能ということです。要するに、よく見かける表頭・表側を組み合わせて既に表になってしまっているデータでも、Publisherを使うことによってExcelで作成するのと同じようにグラフを作成できます。

ビジネスドキュメントに革新を起こす「Roambi Flow」

そして、もう一つ紹介したいのが6月中にリリース予定のRoambi Flowです。もう6月も終わってしまうのでそろそろ発表があると思うのですが。

どういうものかは以下の動画をご覧ください。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=KTbmgE4AsO0[/youtube]

これまでビジネス文書といえば、当たり前のように紙でした。

iPadの登場により、ビジネスでもデジタル化した資料をiPadで共有して閲覧するということが珍しくなくなりました。しかし、それはただ単にレスペーパーになっただけで、見ているモノは紙と変わらずiPadを使いこなせていませんでした。

このRoambi Flowでは、デジタルドキュメントに画像や動画だけでなく、Roambi Analyticsのグラフを好きなように配置し表示できるようになるため、これまでのただのデジタルペーパーより大幅に表現力が豊かになります。

当面はエンタープライズ版であるRoambi ES3ユーザーのみが利用可能ですが、2011年末にはSaaSとして一般ユーザーも利用可能になるそうです。

とりあえず正式リリースが発表されるのを待ちたいと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *