Visual.lyがインフォグラフィック作成のクラウドソーシングプラットフォーム「Visual.ly Marketplace」をローンチ

 

2ヶ月弱前に、「アウトソーシングはデータ分析だけに留まらず。データビジュアライゼーションのアウトソーシングも主流に!?」という記事を書きましたが、早速動きがありましたので共有します。

世界最大のインフォグラフィックのコミュニティサイトであるVisual.lyは18日、インフォグラフィック作成に特化したクラウドソーシングプラットフォームである「Visual.ly Marketplace」をローンチしました。

[vimeo width=”550″ height=”309″]http://vimeo.com/50264295[/vimeo]

 

去年の7月にサイトがオープンした当初はインフォグラフィック作成ツールの開発が進んでいましたが、これまで公開された作成ツールはテンプレート上にTwitterやFacebookのデータを載せられるような簡単なもので、自由にカスタマイズ可能なツールにはなっていません。(もしかすると、デザイナーには公開されているのかもしれませんが。)

この1年、特に目立った動きはありませんでしたが、デザイナーを多く囲っているVisual.lyだからこそ可能なアウトソーシングプラットフォームの構築を進めていたようです。

海外ではデザイナー会社やフリーランスのデザイナーに発注したり、日本でもカーツメディアワークスアイオイクスなどのインフォグラフィクス制作サービスを行なっている企業もありますが、企業(もしくは組織、個人)とデザイナーをマッチングさせるサービスはこれまで存在しませんでした。

この「Visual.ly Marketplace」上でデザイナーとどのようにマッチングさせるのか、その仕組みはこうです。

  1.  依頼者がプロジェクトを作成

    まずは依頼者がプロジェクトを作成します。そのインフォグラフィックでどのようなストーリーテリングをしたいのかを記入し、求めるインフォグラフィックのフォーマットや表現的なスタイル、レイアウトなどを選択します。
    そして、そのインフォグラフィックに必要なデータとその説明、使用するデータ以外に伝えておきたいことなどが記載されているファイルをアップロードします。
     
  2. Visual.lyが自動的にデザイナーをマッチング

    プロジェクトの作成が終わると、Visual.ly Marketplaceの独自のアルゴリズムによって、プロジェクト作成時に選択したインフォグラフィックの仕様や地理的情報(例えば日本の企業がプロジェクトを作成すると日本人のデザイナーとマッチング)などを条件に、48時間以内に(現在は)5,000人の中から最適なデザイナーをマッチングさせます。

  3. 納品まで掲示板形式でのやり取りを行う

    マッチング後、掲示板形式のページで依頼者とデザイナーが、ドラフトのアップロード機能や認証機能などを使ってのやり取りを行いながら、1stドラフト~2ndドラフト~Finalドラフトと作成していくことになります。
     

サンプルプロジェクトのデモ動画がありますので、こちらをどうぞ。

気になる料金ですが、インフォグラフィックのデザインのみであれば$1,495で、18日間で納品。

インフォグラフィックの作成だけでなく、ストーリーテリングの部分もデザイナーに依頼したい場合は$2,995で、26日間で納品。

現在はパブリックベータ期間中で、静的画像でのインフォグラフィックのみのサポートとなりますが、今後はインタラクティブなインフォグラフィックや動画のインフォグラフィックにもサポートしていく予定となっており、マッチングに関してもデザイナーだけでなく、データアナリストやリサーチャー、ジャーナリストともマッチングできるような仕組みにしていくとのことですので、今後の展開にも要注目です。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *