モバイルファーストの次世代リアルタイムデータビジュアライゼーションツール「Zoomdata」がローンチ

題名だけ見るとカタカナだらけで逆によくわからなくなってしまっていますが、本当にこの題名が示す通り、”モバイルデバイスに最適化され、リアルタイムにストリームデータを可視化できるツール”となっているのが、今回ご紹介する「Zoomdata」です。

11月13日に、このツールのローンチと同時に110万ドルをシードファンディングとして調達したことを発表しました。

インフラとしての仕組みは、オンプレミスの基幹システムやクラウド上のデータ、ソーシャルメディアデータ、HDFS上のデータなどマルチソースのデータを統合し、リアルタイムにストリームデータを可視化・分析が可能となっており、分析結果を他のメンバーに共有するソーシャル機能もあります。

ちなみにGigaOMの記事によると、このリアルタイム分散処理システムは去年9月にTwitterがオープンソース化したStormを活用しているとのことです。

ヒストリカルデータを保持しながら別のリアルタイムのストリームデータを処理できるため、過去とのリアルタイム比較が可能となっています。

Zoomdataの特徴であり強みとなっているのは、パレット上でお絵かきをするようなモバイル端末での直感的な操作感とビジュアライゼーションです。

データ可視化スクリプトとして注目を集めているD3.jsから多くのインスピレーションを受けており、なおかつモバイル端末らしくスワイプやピンチ、ドラッグ&ドロップなどを使い直感的に操作・分析可能で、ユーザーエクスペリエンスを追求したデータ分析ツールとなっています。

残念ながらデモ動画は公開されておらず、実際にはどのように動くのかを見ることが出来ません。その操作感を早く動画で見てみたいですね。

果たしてこのツールが成功するのか・失敗するのかの議論はさておき、近年のBI関連スタートアップ(例えばRoambiandaraなど)は明らかにモバイルファーストもしくはモバイル特化型で機能も絞って特化した企業が増えてきており、これまでムダに高機能で高価なデスクトップ型BIツールに手が出せなかったSMBsをターゲットにしていることがよくわかります。

先月、タッチパネルに最適化されたWindows 8が発売され、モバイルBI市場は更に拡大していくでしょう。ただ単にモバイル端末にデータを表示出来るだけでない付加価値にレガシーBIベンダーがどのように対応してくるのかに注目です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *